用品」カテゴリーアーカイブ

フィギュアを美しく飾る~コレクションケースと照明の選び方

 最近、LED照明付きの多段コレクションケースが増えてきました。沢山のコレクションを一度に収納でき、同時に鑑賞もできて便利ですが、収納箱に照明を付けただけの商品がほとんどのようです。照明は光ればよいというものではありません。せっかく照明を設けるのですから、中身を美しく見せるようにしたいものです。今回は照明を含め、鑑賞にふさわしいケースの構成を考えます。

続きを読む

実体顕微鏡を導入

精密塗装が必要な場合、これまではルーペを使ったり、老眼鏡を3つ重ね装着するなどして対応してきましたが、このような苦しい方法では達成できる品質に限界があります。顔の精密塗装をする機会も増えてきたため、思い切って実体顕微鏡を導入しました。 続きを読む

フィギュアを美しく撮るためのライティング機材の選び方

DSCN0835 撮影ブースを作りました。土台はルミナスのスチールラック+ガラス天板で構成され、フィルインライト(LPL HT-20SP)を含め4灯以上の光源があり、360度全方向の照明ができます。
 レフ板のスタンドは100均の写真スタンド。手前の足を切り、床面スレスレに設置できるよう改造して使っています。

 このサイトの写真、これを作る前はどうしてたかといいますと、黒の厚紙をバックにストロボ正面光のみで撮影していました。

 

  続きを読む

ディスプレイケースと台座

 作品を飾ると問題になるのが埃です。作品を埃から保護し末永く良好な状態に保つため、透明度と加工精度に優れた高品質なアクリルケースを用意しています。ケース単に作品が入ればよい、というものではなく、作品の周辺スペースや寸法比、コストなどを勘案し、最高の見え方になるようミリ単位でサイズを検討してカスタムメイドしています。
 ケースを被せると可塑剤がこもって長い年月の間に作品が傷むことがあります。これを防ぐため、小さな換気孔を空けてあります。 続きを読む

リペイントのコンセプト

img_25349_4205719_1オークションをみるといろんなリペイント作品が出品されています。そこから、リペイントの方向性を見ることが出来ます。単に色彩を変更したもの、改造したもの、クオリティダウンしたように見えるものもあるようです。

続きを読む

創造の館 Art Design~はじめに

 創造の館 Art Design (SYA)は想像の館 管理人のリペイント作品に与えられるブランド名です。2011~2012にかけてヤフーオークションを中心に販売活動をしていました。この一連の記事は当時ヤフオクのアカウントで作っていたブログの転載です。

img_25349_4182885_0ブランド名は過去 P.O.P(Portrait.Of.Pirates) Art Design としていましたが、最近はワンピース以外も扱うようになりましたので P.O.P の表記を見直しました。とりあえず既存の商標にもひっかからないことを確認済みです。

続きを読む

模型製作~はじめに

プラモデルというと、みなさんは何を連想するでしょう。おもちゃ屋から買ってきて、ランナーから外し、説明書通りにセメダインで接着して出来上がり。昔はそんな形が多かったと思います。しかしそれでは、子供のオモチャにしかなりません。 続きを読む