カテゴリー別アーカイブ: リペイント

リペイントの工程

リペイントの対象

 基本的に彩色済の完成品(フィギュア、景品、小物類)を主にリペイントしています。海賊旗や扇子などのグッズも可能です。
 素材は新品、中古問いません(すべて洗浄し、問題があれば修正します。一部損壊も問題ありません)。
 素材によってはお断りする場合もあります(例:リペイントの価値が無いもの、製作困難なもの、破損が著しいもの等)。

 

リペイント料金・期間

 5400円~(税+返送料込み) 2Week~

 上記は最低料金と期間で作品により異なります。金額はパーツの多さ、大きさ、修正の多さ、人気等を勘案して決めます。
 過去に販売実績があるものは転売防止のため過去の最高値を参考にする場合があります。
 複数の依頼がある場合は一度にお送りいただけると製作期間を短縮できる場合があります。
 素材をこちらで用意する場合はその費用(実費)が追加となります。
 オプションとして、台座、アクリルクリアケースなど追加可能です。自立困難な素材の場合追加をおすすめします。詳細はこちらをご参照ください。
 リペイントしたい素材の名称、ご希望など添えて以下の窓口から見積もり依頼ください。ご相談も可能です。

 見積依頼

  領収書が必要な場合はその旨記載ください。

 

リペイントの内容

・コンセプト

 リアル志向のナチュラルリペイントです。リアリティを追求し、オリジナルモデルの魅力を最大限引き出すことを目標に彩色を行います。具体的内容は肌の質感改善、オリジナル塗装の修正、陰影のコントラスト強調などがメインになります。色彩も基本的にオリジナルを尊重し、キャラクターのイメージが変わるような色彩変更はいたしません。

 

・工程

(1)素材の研究
 最初に対象物の魅力をよく理解します。動画を一通り鑑賞する場合もあります。

(2)リペイントの彩色、方針決定
 素材の魅力を引き出すために最も良い手段を検討し、彩色などの方針を決めます。基本的にお任せいただく形になりますが迷って決まらない場合は依頼者にご相談する場合があります。

(3)分解
 無理をせずに分解できるところまで分解します。オークション出品の作品はより完全な塗装をするため接着部を分解することがありますが、依頼の場合は素材を破損or変形させる危険があるため基本的に分解しない範囲で製作します。

(4)素材の洗浄
 離型剤や手指の油を中性洗剤を使ってよく擦り落とします。

(5)問題の修正
 仮組みを行い、目立つパーティングライン(合わせ目の筋)や接着部の溝、曲がり、歪み、塗料の削れなど、元々ある素材の問題を修正していきます。PVCのような軟素材では限界がありますが、出来るかぎりのことをします。

(6)プライマー処理
 表面がつるつるの部分は塗料がはがれ易いためあらかじめプライマー処理を行います。

(7)塗装
 トップシャドウ-シャドウ-素材色-ハイライト-トップハイライトと、少なくとも5段階の陰影を付与して立体感を強調します。
 年季の入った質感を作るためウエザリングとスミイレを行います。海賊はすこし強めのウエザリングを行います。
 肌塗装をします。特別に調色した7段階の塗料を使い分けます。最も気を使う作業ですので疲れがなく気力が充実した時に行います。
 最後にトップコートを行います。塗膜の補強と質感調整のために2層コートします。

(8)組立・調整
 全体を組み立てながら全体の色調、ツヤの最終調整を行います。このときパーツは接着され以後分解不可になります。

(9)作者銘シール貼付・完成
 「Sozouno-yakata ArtDesign」と日付を記した小さなシールを台座の裏など目立たないところに貼り付けます。シールには特殊な樹脂加工がされており最初白色ですが年月と共に褐色に変色していきます。特定の銘作に関してはシリアル番号が発行され、シールに併記されます。(銘作は現在、DXエース、ゴーイングメリー号のみです)

(10)アセンブリ
 アクリルケースや台座が付く場合は穴あけとアセンブリを行います。
 ネームプレートが付けられそうな場合は製作を行います。ネームプレートは元箱から切り取った印刷物を水につけて表層を剥がし、乾燥、樹脂含侵、塗装仕上の工程を経て完成となります。

 

・改造、修正について

 素材の魅力を強化する目的で部品をスクラッチ製作したり、エフェクトの追加をする場合があります。透けリペイントも可能ですが、上記のコンセプトから外れるような改造はいたしません。
 元々変形していたり、経時劣化で破損している場合があります(DXエースのログポースなど)。この場合フルスクラッチもしくは過熱整形を検討しますが、どうにもならない場合はご連絡いたします。

・リペイントできない(しない)場合

 素材が海賊版・偽物の場合。検品の結果、これらに該当する疑いがある場合はご連絡いたします。
 転売目的とみられる注文

 

 

流れ

  ご送金(料金は先払いです。銀行5営業日以内に送金がない場合キャンセルとなります)
 →受注承りの連絡
 →素材のご送付(素材を支給される場合)
 →製作(長納期品は1週間を目安に進捗をご報告していきます)
 →完成写真のご確認(写真をUPしますので検品お願いします。5日以上お返事がない場合は承認とみなして進めていきます。)
 →納品

 (※はお客様の実施項目です。)

 完成作品の写真は、公開禁止の申し出が無い限り、当サイトで公開して紹介させていただきます。公開の際、依頼主の個人情報が表に出ることはありません。お名前やイニシャルは一切表示されません。ご感想をいただいた場合は許諾を得たうえで公開させていただく場合があります。

 

送料

・依頼元素材の発送
 依頼主の元払いで指定住所にお送りいただくものとします。通販やオークションで落札された場合、相手に送り先を伝えていただいてこちらに直送してもかまいません。当方に直送する場合は必ず事前にご連絡ください。

・完成品の納入
 送料当方負担でお送りします。発送方法は箱BOONのみで他の運送業者の指定はできません(送料はリペイント価格に含まれ別途請求されることはありません)。

 

ご注意

 送金手数料はご負担お願いいたします。
 納入後はノークレームでお願いします。
 いかなる理由があっても返品、返金不可です。
 転売禁止です。

 

保障

 完成品の保障は当方の規定に基づいて実施させていただきます。
 修理代は原則無料です。詳しくは説明書をご参照ください。

 

メガハウス アイドルマスター3

DSCN0880-1a

 依頼作品3セット目。アイドルマスターは以前ご紹介した1,2を含む3セットの大作で、これでコンプリートになります。このセットのポイントは奇抜なポーズをとる中央2人(双海真美、亜美)の配置でした。ベースから切り取った足の固定部を使用し、慎重に位置決めして自立できる形で完成させました。台座のサイズを共通化してありますので単独はもちろん、3セット並べて飾ることもできます。

続きを読む

メガハウス アイドルマスター2

DSCN0867

 前回(アイドルマスター1)の続き品。今回も複数のキャラクターを共通のベースに配置しています。背の高い2人を両端に配置し、中央の2名を手前に出しています。妥協なしに検討を重ねた配列は、単独はもちろん、前回のアイドルマスター1と並べて飾ることもできます。

 リペイントはいつも通り、私が納得いく仕上がりを得るまで徹底的に手を入れています。完成後もいろんな光を当てて微調整しました。一番大変だったのが四条貴音(一番右)。複雑な髪、淡色のスカートの陰影、ブーツの質感など、難材でした。

続きを読む

メガハウス アイドルマスター1

DSCN0836-1

 依頼作品。依頼者様のご希望で5人を1つの共通ベース設置しました。キャラクタの配列はあらかじめ仮台座で検討を行い、最終的にミリ単位で微調整しています。素材はメガハウス製。相変わらず、ハイレベルです。肌の素材がPVCだったので、問題なくリペイントできました。

 メガハウスをベースにすると、クオリティの高い作品が出来ます。それをこのように5人まとめると、なかなか壮観です。
 さすがに、5人並ぶと写真の照明が難しいです。ステージに立った雰囲気を出すため、斜め下と正面から3灯使い撮影しました。

続きを読む

鏡音リン -炉心融解-

DSCN0805 依頼作品。マックスファクトリーの商品は相変わらず良く出来ています。白すぎる肌を修正し、ウエザリングを強めにかけて全体的にダークなイメージで仕上げました。

 造形が細かいため作業に顕微鏡が必要でした。さすがにこのサイズではギターの弦が付属しません。弦無しは不自然なので細い糸を使って再現しました。

 

続きを読む

壽屋(KOTOBUKIYA) 美少女戦士セーラームーンS

 DSCN0816依頼作品。2003年に発売された商品。造形が秀逸な名品ですが、コールドキャストのため非常に脆いのが難点です。経時劣化が進んでいるのか、ちょっとした力や衝撃で壊れてしまいます。同じものを持っている人も破損しているのではないでしょうか。

 両側の髪は差込式ですが、仮組みのときに両側とも付け根からポッキリ折れてしまいました。襟の裏も粉々に砕けてしまい、一時はもうダメかと思いましたがフルスクラッチで修復に成功。髪も鋼線を入れて補強修復し片方のピンを細くして差込に尤度を持たせました。

 塗りも丁寧に修正して陰影をつけ、ハイレベルな作品に仕上げることができました。

 

 

続きを読む

エクセレントモデル ハートキャッチプリキュア

DSCN0793a 依頼作品。依頼者様のご要望で、マリンとブロッサムを1つの台に並べました。折れてしまった台座のボスを補修して裏側からビス止めしています。
 そのまま並べるとマリンの顔が下を向いてしまいますので、加熱整形を実施。その上で二人の配置を慎重に決めて完成した作品です。

 リペイントでは彩度を高くしてハイライトを強めに入れ、変身したプリキュアの輝きを演出、頭の継ぎ目も埋めて玩具のような肌の質感を改質しました。

 

続きを読む

造形王 ドフラミンゴ(サイトウヒール)

DSCN0789a 依頼作品。以前ご紹介したゾロもそうでしたが、力強く動きのある造形は見事です。この造形をしたのはサイトウヒールさん。特徴ある造形のため製造が難しいようで、素材欠陥が目立ちます。このドフラミンゴも素材欠陥の修正にかなり苦労しました。

 浮き出した血管もサイトウヒールさんの特徴の一つです。造作意図を忠実に表現するため血管を描きました。

 

続きを読む

艦これ 伊58 中破Ver.

DSCN0752a 依頼作品。素材はとても良く出来ています。本体はあまり手入れする部分がありません。髪はトップシャドウを多少追加したくらいで、他はそのままがベストという判断です。
 水着には若干ハイライトを追加し艶を調整。目の部分は目じりにクリアを溜めて微妙な涙目にしました。

 肌はいつも通りシャドウをつけますが、ATBC-PVCという素材のため塗料が乗りません。溶剤には皮をむくように溶けていきます。こういう場合プライマーを使いますが、なかなか思うようにいきません。今回かなり苦労しました。

 ミリタリー部品はサンドイエローを艦体色にカラーチェンジし、窓の部分もブルーに。ウエザリングを施してリアルに仕上げました。

 

続きを読む

艦これ 伊168 中破Ver.

DSCN0748a 依頼作品。マックスファクトリーの素材は初めて見ます。大変完成度が高いです。肌の質感がとても高く、そのままでも十分な印象です。

 完成品のパッケージ写真は水着が濡れ透けのようなイメージですが、現物はそうでもありません。そこでツヤのグラデーションの技法を駆使してこれを再現しました。舌の色も少し赤く染め、付属のミリタリーパーツは不自然なブラウンでしたのでグレー系に色彩変更しました。
 六角格子状の台座はたぶん水面をイメージして用意されている様子なので、ブルーのグラデーションで立体感を付けました。

 

続きを読む

1 / 812345...最後 »