フィギュアのリペイントはどうしたら出来るのか~これからやってみようと思う方へ

 ヤフオクにはいろんなレベルのリペイント作品が出品されてます。明らかな素人作もあれば、私よりずっと腕の良い方も見えます。そんな作品を見てリペイントで小遣い稼ぎをしたいと考える人もいるでしょう。リペイント作品を作るためにはエアブラシなど設備投資のほかに何がいるのでしょうか。

 私は「感性」と「技量」ではないかと思います。これはリペイントに限らず、絵画、彫刻、小説、料理などで創作作品を生み出すために必要な共通の能力です。

 

個人に必要な能力

 「感性」と「技量」はどちかかが欠けていてもだめです。他人を使って補うこともできません。この2つは必ずセットで同一個人に備わっていないとダメなのです。分業もできません。たとえば小説ですが、いくら優れたストーリを思いついてもそれを文章に表現する能力がないと結局作品にすることができません。

 

作品に作り手の性格が現れる

 それと気持ちも大切です。人が作ったものには必ず作った人の個性や性格が現れるものです。

 学校の図画工作がいい例です。同じものを同じように描かせ(作らせ)ると、人によって大きく差が出ます。寿司でも握ったものを見ればその人の性格がある程度読み取れます。いい加減な気持ちで作れば、それが作品に現れるものです。

 

感性と技量について

「技量」はどんな不器用な人でも訓練である程度上達できます。でも「感性」はそうはいきません。私の場合は子供のころの絵の恩師が大きなきっかけを与えてくれたと思っています。

 自分には「感性」があるという方、ぜひ「技量」を磨いてみてください。エアブラシは絵筆より簡単です。そして作った作品を私やみんなに見せてください。あなたしかない味が作品にうまく宿れば、きっと成功することでしょう。

 

リペイントラボの様子 リペイントラボ。リペイントは7万円くらいの設備投資で始めることができる。

 エアブラシ、コンプレッサ、排気装置、自在アームの照明など。道具はいいものを揃えたい。安いものを買うと結局買い直すハメになります。

 

 

<参考購入先>
エアーブラシ
精密塗装に欠かせないエアーブラシ。この良し悪しが仕上がりを大きく左右します。私はプロコンBOY FWAプラチナ ダブルアクションタイプを使用しています
コンプレッサー コンプレッサーは圧力タンク付きを。間欠動作になって音が静かで省エネに寄与します
インティングブース(排気装置)
必ずツインファンのものを。私はタミヤのペインティングブースIIに次の隙間ノズルをつけて窓から排気しています。購入したらフィルタをステンレスタワシに置き換えるとメンテナンスフリーにできます。
Mr.スーパーブース用 排気口アタッチメント GT-03E
クレオスの商品ですがタミヤのペインティングブースにも接続できます
リペイント工具・塗料・材料 他の小物類はこちらからすべて揃います

<関連記事>
夏に似合うサザン~作詞・作曲・歌唱の能力が同一個人にある強み