模型製作~はじめに

プラモデルというと、みなさんは何を連想するでしょう。おもちゃ屋から買ってきて、ランナーから外し、説明書通りにセメダインで接着して出来上がり。昔はそんな形が多かったと思います。しかしそれでは、子供のオモチャにしかなりません。

 模型づくりは、資料集めから始まり、プラモデル組み立て、追加工、部品の部分自作、塗装、マーキング、ウエザリングという工程を経て、初めて完成します。現物の写真資料を参照しながら、限りなく実物に近づけていきます。

pachi左は模型作りの参考書。タミヤのパチッ特集号は模型を使った戦場写真集。写真は投稿したときもらった見本誌。

模型づくり本来の意味からすると、必ずしもプラモデルを使う必要はありません。材料は木でも紙でも何でも良いです。しかし、市販のプラモデルをベースにすると、木や紙を使ってゼロから構成するよりは、格段に楽になります。

 

<関連商品>
プラモデル・模型