美女」カテゴリーアーカイブ

宇宙戦艦ヤマト2199 ユリーシャ・イスカンダル

DSCN0591a メガハウスの素材は素晴らしい出来栄えです。いつも手にとって細かくチェックしますが、造形にも塗りにも修正が必要な部分があまりありません。最近さらに良くなっているように見えます。

 ノーマルでも十分魅力的な商品ですが、あくまで量産品。丁寧に手を加えることでさらに魅力がアップします。

続きを読む

メガハウス ネフェルタリ・ビビ

DSCN0372a メガハウスのビビ、依頼作品です。元々優れた造形の素材ですが、高すぎる素材の彩度を如何に調整するかがポイントとなる仕事でした。

 全体のバランスをみながら色彩の微調整を重ね、王女の気品を感じさせる仕上がりを得ることに成功しました。

 

<関連商品>
ビビ
フィギュア・コレクタードール

 

メガハウス ロビン

DSCN0365a 依頼作品です。ブルーの服は彩度でハイライトを。スカートは多重塗装後、軽度のウエザリングを施しています。頭は目立つ継ぎ目をパテ埋めし、髪の毛、肌など細部まで丁寧に仕上げてあります。

 メガハウスのフィギュアは台座に設置すると前傾もしくは後傾が強く出るものが多いです。ロビンは極端な後傾でした。これを修正するのが毎回たいへんで、今後の課題です。

 

<関連商品>
ロビン
フィギュア・コレクタードール

 

メガハウス ハンコック

DSCN0336

 作品を時々ヤフオクに出品していますが、一度現物をご覧いただいた人は高確率でリピートしてくださいます。また、作品を気に入っていただいた方から製作依頼をいただくこともあります。この作品はその依頼製作品で、ブログ掲載のご許可をいただきましたので紹介します。

 ハンコックの肌は元々色白ですので日焼けを抑えた色白に。女性の黒髪は艶やかさを出すためトップハイライトをシルバーに。衣装の胸のまわりはふんわりとした毛の質感に。ゴージャスな衣装を損なわないようウエザリングも控えめになっています。

 

<関連商品>
ハンコック
フィギュア・コレクタードール

 

メガハウス ロビン

img_25349_9370365_0 黒服の陰影は難しい塗装のひとつです。これについてはサンジ(プライズ)を手がけたとき研究を重ねており、現在では違和感のない仕上がりを得ることに成功しています。

 素材の肌は白すぎてプラスチッキーです。この白さはハンコックと同じレベルです。ここに手をくわえて自然な女性の肌色とし、ストッキングにも肌色を加えて薄い布地の質感を出してみました。

<関連商品>
ニコ・ロビン
フィギュア・コレクタードール

 

メガハウス ナミ

img_25349_8972434_0 メガハウスのナミをリペイントしました。素材で問題に思えたのはプラスチッキーな肌の質感くらいで、あとはそのままでも十分と思わせるクオリティです。

ナミのリペイントをしていつも難しいと感じるのはオレンジ色の髪の毛です。スミイレやハイライトがなかなかうまく仕上がりません。この素材はハイライトに黄色を使ってありましたのでこの方向にそって仕上げてみました。

続きを読む

ハンコックVer白

img_25349_8776782_0 SQハンコックでAD版改造をした技術を生かし「透けリペイント」の技法で塗装されています。

ArtDesignは始まって1年ですが、1つ入手された方は高確率でリピートしてくださいます。これはとてもうれしいことです。いまやファンの方も大勢見えますので、ご期待を裏切らないようがんばっていきます。

<関連商品>
ハンコック
フィギュア・コレクタードール

 

SQハンコック(最終)

img_25349_6184482_0 SQハンコックのリペイント作品はメリー、エースについで手間のかかる素材ですが、すでに需要が飽和してしまったようです。そこで製作終了する方向で調整することにしました。

 下の写真はアクリルケース付。ごく少数作りました。

 

続きを読む

SQハンコック1

img_25349_4221996_0 SQハンコックはリペイント作者泣かせの素材です。構成が本体とサロメの2体で1セットなため2倍手間がかかり、サロメの出来が悪いためこの修正に苦労します。 特に赤斑模様のズレ修正が難物で、完璧にやるには全て塗り直すしかありません。

続きを読む